経営ビジョン

お客様に喜んでいただける高品質物流体制を確立しハイレベルなサービスを提供する安心信頼提供業

基本理念

「必要なものを必要な時に必要な量だけ真心込めて正確にお届けする。」

行動指標

プロ集団としての自覚を持ち他者から認められる仕事をしよう!!
~他社から認められてこそ真の仕事、お客様の身になり感動を与えられるサービスを提供していく~

経営方針 内容
1.品質方針 基本を忠実に守るとともに、時代とともに変化するニーズに応えお客様本意のサービスを提供し「安心」「安全」をベースとした高品質物流体制を確立することにより、お客様から信頼され必要とされる企業となる。
2.業務改革方針 問題意識を常に持ち、既成概念に捉われることなく業務革新する意識改革及びやりがいのある職場、公正な評価がなされる職場、将来に希望が持てる職場作りを推進する。
3.営業方針 各部署の特性を活かせる新規得意先獲得を進め、積載効率・運賃効率の向上を図り、無駄を徹底的に排除しコスト削減することで利益創出企業となる。
4.環境方針 環境に関する法規制・関係通達を遵守することはもちろんエネルギー使用量の削減、資源の有効活用・リサイクル化廃棄物の削減及び適切な処理を推進し、環境保全を積極的に進めていく。

環境への取組

環境基本方針

環境に関する法規制・関係通達を遵守することはもちろんのことエネルギー使用量の削減、資源の有効活用・リサイクル化、廃棄物の削減及び適切な処理を推進し、環境保全を積極的に進めていく。

環境への取組

今、環境問題は地球規模で大きな問題となっております。世界各所で発生している異常気象、地球温暖化、砂漠化、限りある資源の枯渇など深刻であり企業が事業活動を行ううえで環境対策・保護活動は最重要テーマとなっております。
我々、トラック運送事業を営む上で環境問題は最大の課題であり最優先するべき項目であり企業存続も環境保全活動が大きなウェイトを占めています。
ディーゼルトラックから排出される排気ガスには窒素酸化物、一酸化炭素などの有害な物質が含まれており、各自動車メーカーからは飛躍的な技術革新により有害物質の排出量を極力抑えた新型車が出ておりますが、実際車両を運行する我々が運転技術の向上や正しい知識を身につけなければ何の効果も発揮しないと痛感しておりました。
そんななか、国土交通省の外郭団体である交通エコロジー・モビリティ財団が主催する「グリーン経営認証制度」を知り、我々のような零細企業であってもコストを掛けずに継続した環境保全活動への取組が可能であり、微力であっても社会に貢献していきたいと考える弊社の考えとマッチし即座に全社揚げて取り組みを展開いたしました。